住宅用エアコン設置工事(新設工事) 

札幌市内で一般のお客様専門にエアコン設置工事・暖房エアコン(寒冷地仕様エアコン)の取付工事を、一般住宅や分譲マンションでの設置、ネットや他店で購入したエアコン本体を設置が出来なくて困った・エアコンコンセントが設置していなくて困ったなど、電気工事とエアコン設置工事を有資格者の専門業者が施工する安心で確実なエアコン取り付け工事を行っています。

寒冷地仕様エアコン設置工事

​エアコン工事に関して注意事項!!

エアコン設置工事で下記内容の工事は、

弊社では工事お断りしています!!

エアコン本体設置のみの工事(本体取付しかない工事)

新品以外(中古品・引越先からの既設製品)の本体設置工事

エアコン専用電源工事(電気工事)が発生しない工事

エアコン本体の撤去や移設工事・機種交換のみの工事

​・​賃貸物件(お客様所有物件以外)のエアコン工事

以上の内容はお断りさせて頂きます。

エアコン専用電源工事が設置済みの物件

弊社で行っているエアコン工事は、

お客様所有物件戸建て・分譲マンション物件の

新品のエアコン本体設置工事と

エアコン専用電源増設電気工事の一式工事となります。

エアコン本体はお客様御支給(新品のみ)対応可!!

※エアコン本体のお客様ご支給品の場合は、商品保証は対象外です。

​エアコン設置は必ずエアコン専用電源(分電盤からエアコンまでの100V/200V専用回路)と漏電しゃ断器の設置とアース(接地)の工事が必要になります。

エアコン工事は、本職にお任せ下さい!!電源工事は、電気工事士・エアコン取付は、冷媒工事の本職が確実な施工します!!

工事は季節問わず通年工事承っております。近年、エアコン暖房で設置するお客様が多いので、冬の設置工事も行っています。

エアコン設置工事

エアコン設置工事は冷媒設備業者・電気工事は弊社で施工いたします。

分譲マンションの設置工事(一般的な仕様です)

寒冷地仕様エアコン設置工事、札幌市豊平区
エアコン設置工事札幌市

分譲マンションの設置工事

 

設置工事金額 ¥29.500~36.000(槻算金額・税別)

 

(エアコン本体及びエアコン専用電源工費は別途

 

 

 

※寒冷地仕様エアコン設置の場合は別途見積です

 

新規でエアコン設置のお客様は現地調査が必要です。

 

工事内訳一覧

エアコン(室内機)設置する場所に、エアコンスリーブ(貫通パイプ)やレジスター(通気口)があり、室内機から室外機まで冷媒配管長さが4M以内。室外機設置は床置き(樹脂ブロック)屋外の配管は支持無しのスリムダクト無しでテープ巻き仕上げの内容です。

​※賃貸物件(お客様所有物件以外)のエアコン

工事はお断りさせて頂きます。

 

​エアコン設置工事施工事例(戸建て・分譲マンション)

エアコン設置工事

エアコン設置工事は冷媒設備業者・電気工事は弊社で施工いたします。

木造住宅(戸建て)の設置工事(1階設置で一般的な仕様)

エアコン取り付け工事、札幌市厚別区
エアコン設置工事、江別市大麻

木造住宅(戸建て)の設置工事(1階設置)

設置工事金額 ¥29.800~49.000(槻算金額・税別)

※設置工事概算金額(29.800~40.000円)は、屋内でスリムダクト使用や室外機設置架台使用の品物により金額増加の内容

(エアコン本体及びエアコン専用電源工費は別途

※寒冷地仕様エアコン設置の場合は別途見積です

新規でエアコン設置のお客様は現地調査が必要です。

工事内訳一覧

・エアコン本体はお客様支給して頂く内容です。

・壁貫通工事込(木造のみ)

・室内機と室外機との配管長さは5M以内です(5M超える場合別途)

・屋外の配管設置(立ち下げ)はスリムダクトカバー標準設置です。

・室外機設置は、プラロック使用で地面置きで設置します。

※2階にエアコン設置で室外機が1階に設置の場合は現地調査後の見積となりますので、概算金額提示が出来ません。

​外壁の貼物がタイルの場合は工事お断りします!!

​※3階にエアコン室内機設置で1階に室外機設置の場合はお断りしてます。

室内機・室外機本体にアースを必ず接続しています!!

工事項目・専門ページ一覧

室内機内部

室外機接地端子部分

エアコン設置アース工事

接地抵抗値計で測定(2極法)

エアコン室外機の本体及び室内機本体にアース(接地)を必ず接続(電気的接続)しないといけません。(電気設備技術基準)法令で決められています。接地抵抗値も決められた値以下を出す事も法令で決められています。

(D種接地工事・100オーム以下・接地線断面積1.6㎜以上)

​※但し漏電ブレーカー設置回路(低圧電路において、当該電路に地絡を生じた場合に0.5秒以内に自動的に電路を遮断する装置を施設するときは500Ω以下になります。)

 

 

室外機のボディー(外箱)にアース(接地)を施工していないで設置されているのを良く拝見します。特に、量販店の下請け業者が施工したエアコン設置工事で見受けられます。メーカー様の据え付け説明書や取扱説明書にも必ずアースを機器に接続しなさいと必ず明記しているのに、

​無視してお客様に納品されています。(有資格者で登録電気工事業者か建設業の届けのまともな業者はこの様な工事は行わないと思いますが)

​※エアコンの室外機など、金属製外箱等の接地(アース)は電気設備の技術基準の解釈第29条に定められています!!

また、よくある施工で、(地面を掘ってアース棒を埋設し接地極につないだ電線を室外機に繋ぐだけ大丈夫)と言って、お客様に納品されている工事も良く見受けられます。それでは不良施工です!!アースは地面を掘り接地極を埋設し、接地抵抗測定を行って電気設備の技術基準の内容にあてはまる接地抵抗値(Ω)を出さないといけない規則となっています。

アース(接地極)の埋設設置工事は、電気工事士の資格が無いと出来ません。

工事完了後、お客様(発注者)現地立ち合いでエアコン室外機本体にアース(接地)測定器を当て測定します。

「電気設備の技術基準の解釈(電技解釈)」(D種接地工事)に該当する抵抗値を測定。

弊社では、工事完了後お客様に必ず現地で目視確認してもらいます。